技術紹介

ベビーモール工法

推進工法種類

鋼製さや管方式 ボーリング方式 一重ケーシング式

適応管径

φ100〜φ1800(鋼管)

最小発進立坑寸法

φ900

特 徴

小型軽量で強力な回転力と推進力を備え狭い場所(φ900以上)や路上等から自由な角度で削進、 枝管取付作業が出来る。ベビーモール工法は軟弱土から岩盤(軟岩)、 鋼矢板、鉄筋、コンクリート、H型鋼等地中障害物の切断も可能であるため、 幅広い用途に対応できる。取付管はφ200以上の本管(ヒューム管・塩ビ管)に取付可能

詳細はこちら ベビーモール協会 http://www.babymole.com/

CBM工法

推進工法種類

鋼製さや管方式 ボーリング方式 二重ケーシング式

適応管径

φ400〜φ1200(鋼管)

最小発進立坑寸法

φ2000

特 徴

さや管内にセットされたケーシングロッド先端の切削ビットにより掘削しながら鋼管を圧入しケーシングロッドに 組み込まれたスパイラルにより発進立坑に排土を行う推進管非回転二重管構造です。 粘性土から岩盤層(硬質)まで幅広い土質に対応し、地中障害物(H型鋼、鋼矢板等)の切断削進が可能な工法です。 ベビーモール工法と違い二重管構造であるため、先導偏芯管により方向修正も可能で、推進延長も70m程度まで可能です。

 

 

 

 

詳細はこちら CBM工法協会 http://www.cbmkoho.org/method.html

DRM工法

推進工法種類

圧入二工程式のA工法、取付管推進工法のT工法、 鋼製さや管式のS工法の三種類のツールスを交換することによって対応する万能型推進工法です。

適応管径

φ150〜φ350(塩ビ管)

最小発進立坑寸法

φ1500

特 徴

低耐荷力方式圧入二工程式であるが、 滞水砂層用ヘッドを用いて従来圧入二工程式では施工困難であった 水頭差5m透水係数10-2〜-3の滞水砂層での施工を滞水砂層用ヘッドの開発により容易にさせました。 この滞水砂層用ヘッドは各方面から非常に高い評価をいただいており、各地の現場に於いて活躍中です。

詳細はこちら PTI&DRM協会 http://www.pit-drm.com/index.html