TECHNOLOGY

技術紹介

AI-PATROL(アイパトロール)

道路の管理コストや人手不足で困っていませんか?

道路安全点検に係るノウハウをAIに集約、スマートフォンで道路を撮影し、パソコンにインストールされたAIが道路の【ひび割れ】【ポットホール】【わだち】【区画線】の損傷を自動診断。日常の道路パトロールを支援するための商品です。

効果

  • 【道路管理コスト削減!】路面状態のデータベース化により、現地移動など省略でき、工数削減が図れます
  • 【技術者不足解消!】診断業務をAIに任せることで、熟練者と同等以上の検知精度が確保できます
  • 【業務効率化!】クラウドから必要なデータをダウンロードでき、報告書の作成時間を大幅に短縮できます

フィットキャップ

あなたの街を足下から守る。

コンクリート製道路側溝蓋の隙間に設置することにより、ハイヒールのかかと、杖、お子様の足などがはまる事で発生する転倒事故を防止します。
また、ゴミや小石・枯れ葉などの側溝内落下を防ぐ効果もあります。

用途

  • ハイヒール、杖、こどもの足がはまる事で起きる転倒事故を防止します。
  • ゴミ、砂、枯葉など側溝内への落下を防止します
  • タバコのポイ捨てを防止します。

特長

  • 穴の大きさ(幅)30~60mmに対応し、本製品1種類で多くの大きさの手掛け穴にピッタリフィットします。
  • 半硬質樹脂製なので人が上を歩いても音が気になりません。
  • 半硬質樹脂製なのでサビる心配がありません。
  • 取付は回転を防止するクサビ式です。
名称
フィットキャップ
セット
1箱/40個入
内容
1個・クサビ2枚セット
グレー
在捨
再生PVC(半硬質樹脂)
サイズ
220×120×120

舗装クラック注入工法

舗装の初期劣化(クラック)を補修し
道路のライフサイクルコストを低減

使用する「アスファルト目地注入機」は、小型軽量で機動性に優れ、高い操作性と注入管理機能により注入品質を確保し、道路のライフサイクルコストを低減するものです。舗装クラック全般に適用できますが、点在する線状クラックや小規模な範囲の補修に最適な技術です。

  • 注入機によるクラック補修
  • 注入ノズル先端部
主要諸元表

アスファルト
目地注入機の
特徴

  • 本機は小型であり、現場での取扱に優れています。
  • 熔解釜は、直火方式のため、シール材を直接熔解可能です。
    ※直接熔解の場合は、材料・材質にもよりますが、25kg/1.0hr~1.5hr程度です。
  • 外部電源での作業や、別売りのインバーター発電機を搭載して作業できます。
  • 加熱バーナーは、LPGパイロット付バーナーで効率よく加熱できます。
  • ポンプ動力には、ギヤードモーターを採用し、特別構造によりメンテナンス性がよく低振動低騒音での運転が可能です。
  • ギアポンプを熔解釜内から熔解釜の外側へ設置し、モーターとの連結をカップリング方式にしたことで、トラブルリスクが低減しました。
  • インバーター制御により、シール材吐出量の調整がダイヤル操作で行えます。
  • ノズル手元スイッチの採用で、オペレーターの任意でシール材の吐出、停止が可能です。
  • 軽油を利用したホース洗浄循環方式でペール缶等の空き缶を利用するので、安全で容易に洗浄作業ができます。

舗装クラック注入工法の施工手順

  1. FLOW

    01

    舗装クラック部の清掃

  2. FLOW

    02

    プライマーの塗布

  3. FLOW

    03

    注入材の熔解

  4. FLOW

    04

    注入材の循環

  5. FLOW

    05

    注入機による注入

  6. FLOW

    06

    要生材を散布し交通開放

アスファルト目地注入機の主要諸元表

タイプ KNT-50(ベース機) KNT-50K
(加温制御装置付)
KNT-50J
(自動点火装置付)
機体寸法 1,271×650×1,152(1,650)(全長×全幅×全高mm(ノズル格納時))
機体重量※1 160kg 162kg 164kg
(プロパン、発電機除く)
入力電源 単相 AC100V
定格電流 5A
制御方式 インバーター制御、可変吐出量
ガス制御方式 手動操作、手動点火 設定温度でガス停止、
手動点火
設定温度で消火、自動点火
熔解釜 ドレン付直火方式
釜容量※2 50ℓ
加熱方式 プロパンリングバーナー
吐出ポンプ 15A特殊ギアポンプ
吐出ホース 20A耐熱ホース 2.0m
吐出量※3 作業時 0~4.6ℓ/min 洗浄時 6.0ℓ/min
ポンプ駆動 ギヤードモーター
プロパンサイズ LPガスボンベ 10kg
  • 機体重量は、発電機、LPガスボンベを除く乾燥重量です。
  • 釜容量は、50ℓで材料比重により異なります。
  • 吐出量は、材料温度や材質により異なります。

「舗装クラック注入工法」についての
お問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ

小規模舗装修繕工法

小型薄層切削機による小規模修繕
(コブ取り)

少量の路面切削(コブ取り)を行う小型薄層切削機です。従来は、ハンドブレーカー等を使用した人力作業で行っていましたが、本機を使用することで、工程及び施工性が向上するとともに、騒音の低減が図れるなど周辺環境への影響が抑制できます。

小型薄層切削機
の特徴

  • 大きな騒音や振動の発生を抑制できます。
  • 集塵機により切削屑を吸引するため粉塵の飛散を抑制できます。
  • 軽量なので積み卸しが簡単なため現場を移動しての作業が容易にできます。
  • 切削面が平滑なため仮区画線などが綺麗に施工できます。

施工過程

  1. FLOW

    01

    施工前

  2. FLOW

    02

    切削作業

  3. FLOW

    03

    施工後

「小型薄層切削機による小規模修繕(コブ取り)」に
ついてのお問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ

現場加熱型溶融機による小規模修繕
(穴ぼこ補修)

小規模施工及び補修材料として開発された現場加熱タイプの弾性舗装材料「ファルコンHR」を使用して修繕していきます。

ファルコンHR
の特徴

  • ポットホールなど小規模な補修に適しています。
  • 常温で長期保存可能な粒状合材(ファルコンHR)を投入すればその場で簡単に加熱合材が製造できます。
  • 日常のメンテナンスでトータルコストの削減が図れます。
  • 危険な穴ボコを早期に加熱合材で補修できます。

施工過程

  1. FLOW

    01

    着工前

  2. FLOW

    02

    撤去完了

  3. FLOW

    03

    材料投入

  4. FLOW

    04

    溶融材料排出

  5. FLOW

    05

    敷均し

  6. FLOW

    06

    転圧

  7. FLOW

    07

    完了

「現場加熱型溶融機による小規模修繕(穴ぼこ補修)」についてのお問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ

お問い合わせ

相談事やお困りごとがございましたら、
近藤組にお任せください。